幻想的なミニかまくらに感動!かまくら祭りの行き方と概要を紹介【湯西川温泉かまくら祭り】

国内観光スポット

こんにんちは kuikeです。

突然ですが、みなさん湯西川温泉のかまくら祭りをご存知ですか?
かまくら祭りで開催されるミニかまくらのライトアップが幻想的と話題なのです。

今回は湯西川温泉のかまくら祭を紹介します。

湯西川温泉かまくら祭りとは

栃木県にある湯西川温泉の冬に行われる祭りで、開催期間中はかまくらBBQやイルミネーションなど様々なイベントが行われます。その中でもメインとなるイベントが、夜に行われる沢口河川敷のミニかまくらのライトアップです。

かまくら祭りのメイン会場(平家の里)への行き方。交通機関は電車+路線バス利用がベター

会場へのアクセスは良くないです。車で行くことも可能ですが、雪道を走るので慣れた人でないと危険です。なので電車+路線バスのルートで行かれるのが良いと思います。

電車:湯西川温泉駅に集合
路線バス:湯西川温泉駅→本家伴久旅館前で下車+歩いて10分でメイン会場に到着です。
ミニかまくらの会場はメイン会場から歩いて5分程先にあるのですが、夜から行われるイベントなのでそれまではメイン会場周辺を散策するなどして過ごされると良いと思います。
中には湯西川温泉駅から送迎をしている宿泊地もあります。路線バスも少ないので送迎サービスがついた宿を選ぶのも手だと思います。路線バス公式サイト

服装や靴について。やっぱり寒いの?

祭りが開催される期間は1月下旬から3月上旬くらいです。気温がー5℃以下になることもあります。服装は厚着をし、靴はスノーブーツなど雪の上を歩けるものを履いて行くのが妥当でしょう。

平家の里と周辺紹介


メイン会場で昼はかまくらBBQ、夜はイルミネーションイベントをやっています。


平家の里では展示物なども置かれています。
夜はイルミネーションが綺麗な場所なので、ミニかまくらのライトアップとセットで見学に来ましょう。


路線バスを降りて本家伴久旅館前の周囲には売店があります。お店は少なめです。夜は遅くやってるところも少ないので買いたいものは早めに買うといいと思います。


日中の過ごし方ですが、湯西川温泉周辺を散策、宿の温泉を満喫などいろいろな過ごし方があります。

この時家族と一緒に来ていた管理人。弟と妹がかまくらに入った所へ雪玉を投げたら、2人から雪玉の総攻撃にあうという出来事がありました。

童心にもどって遊ぶのも楽しいでしょう。

赤い橋と透明度が高い川。

予約必須!ランチはかまくらBBQで盛り上がる


・ベジタリアン1家の図。お肉もでるよ。
祭り期間中は平家の里でかまくらバーべーキューが開催されます。

かまくらバーベキュー使用料(1棟1,500円・50分間)BBQ1,500円/1人前(2人前より受付)で利用できます。

事前予約が必要であり、人気なので土日祝日は早い段階で予約が埋まってしまいます。
電話予約になるので、開催期間が分かったらサイトをチェックし早めに予約をしましょう。

かまくら内は換気扇がない状態なので、もろに煙をかぶります。
同行者からは「臭すぎてコートが着れない・・」と嘆きの声も聞かれていますので、服装には注意しましょう。

おすすめ宿泊施設は?


・ハミングバードの夕食
ミニかまくら祭りに参加するなら宿泊は必須です。おすすめの宿はハミングバードです。ミニかまくら会場へも徒歩圏内で、食事もうまい!宿です。


・ハミングバードの鹿肉ステーキ

本番!夜になったら幻想的な景色を楽しむ


・平家の里
夜はイルミネーションも始まり、別の顔をみせる里内


・ライトアップされたかまくら
ミニかまくらのライトアップの時間になったら会場へ向かいます。


私の写真では残念ながら感動をお伝えすることができませんが、実際はこの何十倍も綺麗です。どんな方でもしばし見惚れるくらい幻想的な景色なのです。実際に行った時は、その感動を確かめてください。


・会場の甘酒に舌鼓
湯西川温泉のかまくら祭りは人気で早い段階に宿が埋まってしまいます。
開催期間が分かったら早めに予約をしましょう。

幻想的な景色を見に湯西川温泉に行ってみてください。

平家の里情報
住所:栃木県日光市湯西川1042
電話:0288ー98-0126