絶景の赤崎遊歩道と天上山が魅力!神津島の観光スポットについてまとめてみた【神津島:後編】

国内観光スポット

こんにちは。
離島大好きkuikeです。

前回神津島の行き方や宿泊についてまとめましたが、今回は観光スポットについて紹介します。

神津島では赤崎遊歩道天上山など魅力的な観光スポットが多数あります。海も山も楽しめるのが神津島の良いところです。

まるでアスレチック?シュノーケルスポットとして有名な赤崎遊歩道


神津島に来たら外せない観光スポットといえば、赤崎遊歩道です。アスレチックの様な外観が特徴でダイビングやシュノーケルスポットとして有名です。


これ東京の海なんです。神津島の海はどこも綺麗ですが、赤崎遊歩道の海の透明度は抜群です。


夏場は観光客で賑わう飛びこみ台。私が訪れたのは5月だったので残念ながら海に入れませんでした。飛び込み台からダイブすれば私の心臓は確実に止まるでしょう。ぜひ、夏に訪れてみてくださいね。

ランチはよっちゃーれセンターに行こう


神津島の飲食店は少ないです。オススメはよっちゃーれセンターです。安くボリュームのある定食を1000円程で提供しています。特に神津島産の金目鯛を使った海鮮漬け丼は絶品です。

ゴールじゃない?
10合目から真骨頂の天上山

”日本花の百名山”で知られる天上山も外せません。天上山は初心者でも登れるので、天気がよければ挑戦してほしいです。


・10合目から見た神津島の景色
登山口から10合目までは30分程で着きます。天上山は10合目がゴールではありません。むしろ”ここからが本番”です。
天上山は10合目以降からあちこちに見所があるのです。

①千代池

天上山には池がいくつかあります。雨が降ると水が溜まって池になるのです。

②ババア池

名前と枯渇した池が関連してるかは不明。
ネーミングセンスに笑いました。

③表砂漠

天上山には「表砂漠」「裏砂漠」という砂漠が存在します。山の上に砂漠があるって不思議ですよね。私が表砂漠を訪れた時は強風で砂嵐が起きていました。リアルに砂漠かよ。

④天上山から見た神津島が絶景


天上山から見た神津島は絶景です。
普通の山だと永遠に森が続きますが(注:個人的な山のイメージ)、天上山は見所が多く景色がコロコロ変わります。最後まで飽きずに登山を楽しむことができますよ。ぜひ、天上山に挑戦してみてくださいね。

水着必須!神津島温泉保養センターの露天風呂で身体を癒そう


神津島温泉保養センターには内湯と露店風呂があります。中でも神津島の海を見渡せる露天風呂は最高です。身体の疲れも一気に吹き飛びますよ。露天風呂は水着着用必須なので持参しましょう。


保養センターは夜も営業しています。私は夜に訪れました。夜の露天風呂は闇が深く、近くでは激しい波の音が聞こえました。恐怖すら感じる入浴。それでも夜は満点の星空を眺めることができるのでオススメです。

星空観賞するなら”よたね広場”がおすすめ


神津島は星空観賞スポットとしても人気です。
中には星空観賞目的で訪れる方もいるとか。
私は宿から近いよたね広場を訪れました。

画面のごみかな?と思ってる方、

それは星です

iPhoneで撮影したのですが、写真に写りませんでした。実際は満点の星空が広がって綺麗だった。

帰りはいつだって島が恋しくなる


・帰りの大型船
出港するとともに「蛍の光」が流れ、思わず涙腺が緩みます。桟橋からは手を振ってくれる方もいました。神津島に限りませんが、離島を出る時は「その瞬間」から島が恋しくなります。
「どうしてそんなに恋しいの?」と聞かれたら「やっぱり好きだから」なんでしょう。

いかがでしたか?
神津島は東京からも手軽に行ける島です。初めて離島を訪れる方にもオススメですね。
神津島は私が「離島」を好きになったきっかけの島でした。神津島に来るまでは「沖縄だけ」が大好きでした。沖縄以外素敵な場所はないんじゃないの?くらいに思っていたんです。狭い価値観(笑)
神津島を訪れてからは「つまらない」と思っていた物事も、自分がその良さに”気づいていない”だけなんだと考え方が変わったかもしれません。

話しが逸れてしまいましたが、神津島は素敵な島です。

ぜひ、神津島に行ってみてくださいね。

クリぼっちを乗りきれ!三原山ハイキングが魅力の大島へ女一人行ってみた【伊豆諸島:大島】

2017.12.27