海なし群馬に沖縄の風を!!群馬県初の沖縄イベントに参加してみた【第2回琉球の嵐】

イベント

こんにちは、沖縄大好きkuikeです。

突然ですが、まずはこちらをご覧ください。

こちらは群馬県で行われる沖縄イベント「琉球の嵐」のチラシです。

「ふーん」と思う方、そこはお付き合いくださいませ。

実はこのイベント、群馬で行われるイベントとしては珍しいんです。

なぜなら

群馬県では絶望的に沖縄のイベントが少ないんです。

群馬でも沖縄物販は行われますが、それ以外の沖縄イベントってないんですよ。

都内なんか行くと三味線ライブやエイサーが行われるイベントがありますが、群馬ではほとんどないのです

そんな群馬に沖縄の風をおこそう!と催されたのが「琉球の嵐」というイベントです。

今まではSNSで「三味線ライブ☆沖縄そば(ドヤァ」を決める人達に、羨望の眼差しを向けることしかできなかった私ですが、どうやら今度はドヤ顔を決める側になれそうです。

長くなりましたが
今回は沖縄イベント「琉球の嵐」についてご紹介します。

会場は前橋中央イベント広場


イベントは中央通りの先にある前橋中央イベント広場で行われます。会場へはマイクロバスもありますが、私は前橋駅から徒歩20分で歩いてきました。イベント中は近隣の駐車場は混雑しますので、早めに行きましょう。


・商店街
商店街を歩いていると、ふとあることを発見。
なんと沖縄民謡が流れているのです。
後で知ったのですが、今回のイベントに合わせて商店街側が民謡を流したそうです。

グッジョブ!商店街


・会場

想像の倍賑わっていました。

昨年から始まったイベントなので知名度も低く「空いているかな?」と思っていたら、とんだ勘違い。ステージでは三味線ライブが行われ、昼間から呑んだりするお客さんも多く活気溢れています。このゆるい感じ好きだなぁ。お昼時も重なったせいか飲食ブースが特に混んでましたね。

沖縄料理の屋台に興奮が止まらない


・南国ちむどんどん
南国ちむどんどんは前橋にある沖縄料理屋です。沖縄そばやジューシー、海ぶどう、タコライスといった沖縄グルメがラインナップ。よく見たらカーリーポテトフライが売っている。このポテト沖縄以外でなかなか食べれないポテトなんですよね。スパイシーで美味しいですよ。


・沖縄かき氷。
みんな大好きサーターアンダギーも売っています。紅芋ロールやタコスボールも。


・沖縄塩焼きそばと軟骨そーきの屋台
軟膏そーきを群馬県でお目にかかれるとは。


・ミーファイヤー
なんと、牛そば金城かまぼこまで売っています。沖縄そばやタコライスが販売しているのは想像範囲内ですが、牛そばや金城かまぼこまで販売している思いませんでした。金城かまぼこは石垣島にあるかまぼこ屋さんです。沖縄本島だけでなく、離島グルメも楽しめます。


・泡盛コーナー
どの泡盛を飲んでも一杯500円とリーズナブルに泡盛を楽しむことができます。

①泡盛


・清福のグレープフルーツ(500円)
石垣島以外ではお目にかかれないお酒です。以前石垣島に行った時に美味すぎてハマりました。
機会があったらぜひ飲んでみてくださいね。すごく美味しいですよ。
来年は清福のゆずが入ってくれると嬉しい。

②牛そば


・牛そば(700円)。
肉が柔らかく煮え、スープは出汁がしっかりでて美味しいです。

どうしよう 沖縄に帰りたくなる味がする

③じゅーしぃーかまぼこ


・石垣島名物じゅーしぃーかまぼこ(500円)。
金城かまぼこで販売しているじゅーしぃーかまぼこです。じゅーしぃーかまぼことは、沖縄の炊き込みご飯じゅーしぃーをかまぼこで包んだものです。黒いブラックジューシィーには、中にドライカレー風味のごはん、かまぼこにイカ墨が練りこまれています。

じゅーしぃーかまぼこを石垣島で買って離島巡りした記憶が巡ります。

あれ 涙が

ステージ会場では三味線ライブやエイサーが催される


・ステージのタイムスケジュール
タイムスケジュールは11時〜19時半の間に様々な出演者がでます。
ちょっとステージ会場をみてみましょう。

①みんなで踊ろう沖縄ダンス


ゆるキャラと一緒に曲に合わせて、歌って踊ります。ゆるキャラは左からシーちゃん、ぐんまちゃん、大宜味村の副村長、MC、(?)、前橋のころとんです。普段だったら恥ずかしくて踊るなんてできませんが、今日は沖縄イベント。気づけばゆるキャラと一緒に歌って踊っていました。


・シークワーサーのつかみ取り
ダンスの後はシークワーサー掴み取り300円というイベントもやっていました。
両手でシークワーサーをすくってザルにのせた分をとれるというもの。
どのくらいとれるかというと・・

このくらい

当分シークワーサーに困らないです。

②きいやま商店


石垣島出身のアーティスト。
初めて聞いたのですが、面白いしかっこいい!

③創作エイサー

エイサーは人混みが多く遠くからしか見られず。
エイサーの力強さはかっこいいですよね。

エイサー体験やシーサー絵付けの体験も行われる

ステージイベントを離れ、再び会場を回ります。
会場では体験コーナーもあり、エイサー体験やシーサー絵付けの体験もできます。


・観光地あるある看板。
ちびっ子に人気のやつですね。看板の前を歩いていると、お姉さんに「どうですかー?」と声をかけられ、記念に写真を撮ってもらいました。お姉さんに「かわいいww」と写真を撮られ、はしゃぐ26才の女。


エイサーメンバー募集のチラシ。
群馬県でもエイサーの活動があるそうです。


・チャリティーコーナー

今回の琉球の嵐のイベントは、チャリティーイベントの一環としても行われているそうです。
沖縄では医療格差や医師不足などの問題を抱えています。一筋縄ではいかない問題ですが、少しでも沖縄の力になりたいですね。

イベントの最後は”カチャーシー”で盛り上がれ!

夜になりイベントも終焉を迎えます。
最後は歌って踊ろうのMCもつとめた東風平高根さん。

「最後はみんなでカチャーシーしましょう!」

と掛け声をかけます。
カチャーシーとは沖縄の踊りのことです。
かけ声とともにステージ前にたくさんの人が集まってきます。


・カチャーシー
みんなで踊ってドンチャン騒ぎです。
この時の会場の熱気はすごくて、みんな本当に楽しそうに踊っていました。
帰る頃には鼻歌歌っている自分がいました。琉球の嵐は群馬にいることを忘れるくらい本当に最高のイベントでした。

群馬県では沖縄イベントやお店も少なくて、「沖縄が遠い…」といつも嘆いていたのですが、このイベントを通して沖縄をすごく身近に感じることができました。

来年は行政や町も含めてやるので、パワーアップして帰ってくるそうです!

ぜひ、2018年の琉球の嵐に参加してみてください。