まるで地下神殿!宇都宮の名スポットに女一人行ってみた【大谷資料館】

国内観光スポット

 

そこはランビリンス

“by kuike”

まるで地下神殿と話題の大谷資料館をご存じでしょうか?

大谷資料館は栃木県宇都宮にある観光スポットです。宇都宮というと餃子が有名ですが、陰の人気を誇るのがこちらの大谷資料館なのです。

今回は大谷資料館について紹介します。

大谷資料館とは


大谷資料館とは、栃木県宇都宮市にある大谷石採石場跡に関する博物館です。大谷石の採掘の歴史を手堀り時代の道具の展示を交えて紹介しており、地下採掘場跡を見学することがきます。

大谷資料館に行ってみよう!


大谷資料館の周囲は石の山で囲まれています。なかなか迫力がある景観ですね。


お洒落なカフェもあります。雑貨や軽食など販売。石を使った雑貨などを取り扱っていました。


カフェの近くにある愛の泉です。縁結びの神様がいるそうで、お参りすると固い意志で結ばれるとか。

ほぅ、石だけに。

まるで巨大な神殿
巨大地下空間に潜入する!


・入場料800円
大谷資料館の名物といえば、地下採掘場跡の見学です。地下採掘場跡は巨大な地下空間が広がっており、神秘的な世界が楽しめます。


少し階段を降りると、広い地下空間が出現。奥行がとてもあります。ハ○ナプトラとかインディ○ジョーンズに出てきそう。


進んでいくと謎のイルミネーションを発見。
よく見たけど、なんだか分からない。


ステージっぽいもの。
ここで歌ったら気持ち良さそう。
響くのでいろんな人に聞いてもらえそうです。


・映画るろうに剣心。
大谷資料館では撮影スポットとしても有名で、いろいろな有名人の写真が飾られていました。


・通気性抜群の上着を装備
大谷資料館ですが、館内は涼く、夏の避暑地としても知られています。

私が訪れたのは6月中旬でしたが、その時の館内の温度は10度でした。涼しいというか凍えました。

ブランケットの貸し出しもしていますが、なくなってしまうことがあります。

ホームページで館内の温度が見れるので事前に調べていくと良いです。

ぜひ大谷資料館に行ってみて下さい。

大谷資料館の情報
住所:〒321-0345 栃木県宇都宮市 大谷町909
電話番号:028-652-1232
営業時間:9時00分~17時00分(不定休)
大谷資料館公式サイト