古宇利島のハート岩へ!久しぶりに沖縄本島に行ってみた【沖縄旅行最終日】

国内観光スポット

こんにちは。
沖縄大好きkuikeです。

青の洞窟でシュノーケル体験!久しぶりに沖縄本島に行ってみた【沖縄旅行2日目】

2018.06.05

沖縄本島の中でも透明度の高い海を保有する、古宇利島。沖縄に行ったら外せない観光スポットの一つです。

それでは

沖縄旅行:最終日スタートします

古宇利島とは

古宇利島とは、沖縄本島北部にある今帰仁村に属する有人島です。古宇利島周辺の海のきれいさは本島でもトップクラスで、直線に伸びる古宇利大橋から見る海はおもわず声が出てしまうほどの美しさです。島の北側にはてぃーぬ浜があり、ハートロックと呼ばれるハート型の岩があります。てぃーぬ浜は、干潮時は歩いて熱帯魚を見ることもできます。

360度のカメラで撮影!古宇利大橋を渡る


こちらは古宇利大橋のドライブを360度のカメラで撮影したものです。カメラはAさんから拝借しました。左側の矢印でカメラを動かすことができます。iPhoneの方はこちら

初めて360度カメラを使ったのですが、すごいですね!臨場感溢れる動画を撮ることができました。今まで「動画も写真もiPhoneで撮れるから、デジカメとかいらないんだ(震」と自分に言い聞かせて撮影機材を買わなかった私ですが、これには心揺るぎました。
欲しいな、360度カメラ。

干潮時のてぃーぬ浜へ

てぃーぬ浜にやってきました。こちらはハート岩で有名なハートロックがあります。左側にハートっぽい岩がありますね?あれがハートロックです。せっかくなので記念写真を撮りに行きましょう。

撮影位置が悪かったせいか男の人が叫んでいる岩みたいになってしまいました。
「あああっ!」と叫び声が今にも聞こえそうです。ロマンチックさのかけらもない。

Aさんを発見しました。1日目の寅さんの格好に続き、本日はメキシコスタイル。ブログ初登場のAさんですが、写真映えがいいですね。私より写真映り良すぎて嫉妬する。

てぃーぬ浜の海の透明度は透き通っています。海の中を見ていると青い熱帯魚もいました。干潮時は歩いて魚を見ることもできるので、ぜひ干潮時に来てみてください。

車の中にサンダルを置いてきてしまった、素足のAさん。てぃーぬ浜は岩場が多く、素足で歩くのは危ないです。よく見ると、ウニっぽいものいます。「裸足だと怖くて奥まで行けない」と縮こまるAさん。

那覇空港にあるポークたまごおにぎり専門店が熱い


那覇空港にあるポークたまごおにぎり専門店に寄りました。ポークたまごといえば、沖縄で親しまれる料理の一つですね。

ポークたまごおにぎり本店
住所:〒900-0014 沖縄県那覇市鏡水 那覇市鏡水 1F 那覇空港国内線旅客ターミナルビル 150
電話番号:098-996-3588
営業時間:7時00分~22時00分

注文を受けると丁寧におにぎりが作られます。出来立てのポークたまごおにぎりに胸が躍る。


・エビタル(300円)
エビフライが丸ごと一匹入ったエビタルを注文。ふわふわの卵焼きとポークの相性はもちろんのこと、エビフライのサクサクとした触感が溜まりません。ポークたまご専門店は7時から営業しています。ぜひ沖縄の帰りに寄ってみてください。

 

今回の旅行は時間調整が上手くできず、回れる場所が少なかったかもしれません。次回訪れる時は、水納島とか慶良間諸島に行ってみたいな。

それでは。

みなさん、またお会いしましょう。